忍者ブログQLOOKアクセス解析
「慶応四年新撰組近藤勇始末」、「慶応四年新撰組隊士伝」著者、あさくらゆうが書いているブログです。 *なお、画像の無断使用、本来の意図と関係ない部分をツギハギして論争に使用することを固くお断り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/04/30 (日) 16:14】 |
トラックバック() | コメント()

無題
あさくらゆう
北総新選組監理幕僚さま、コメントありがとうございます。
 要は学術関係者を入れず、基礎知識のないマニアの独善的な問答となっていることと、権威付けの諸機関が半年以上も(予定)だということです。昨年暮から今まで後援を得られなければ、年度を跨いでいることになりますから「後援しない」と同様の機関が含まれていることに問題を感じます。
 まぁ、商法としてもやり過ぎな感がありますので、場合によっては消費者庁が動くのではないでしょうか?履歴書に役に立たないこの資格を記載して学術機関に提出した際、嘲笑の的になったような方なんかに(爆)


恥の上塗り?
北総新選組監理幕僚
毎度大変お世話になっております、北総新選組現場監督の安房にございます。
また、やるのですか・・・
小生の個人的な感想としては、多くの方に自身が関与する世界に対して興味を持って頂く窓口としてそんな企画があることは喜ばしい事、になります。
しかし、問題はその「内容」と「信頼」とも存知ます。
広告代理店か企画代理店がやっつけで「箱先中後」に立ち上げた様子にも見え、文化的価値だの知識向上だのには殆ど無意味な「趣味」でしか無いのでしょうが、ファンとされる方にすれば、その「ステイタス」を信じているもので、それが不憫でなりません。
とにかくも検定と言うなれば、どうして新選組(徳川方歩兵若しくは大久保隊)が流山に来たのか、明確にして頂いて且つ、学術機関が或る程度「評価・認定」した上でにして頂きたいものです。
日本史全体から見れば些細なことですが、「新選組史」の中では重大な流山顛末です。
自称「研究家」や自称「活動家」の皆様は面倒なものは避けてしまうものでしょうから、期待はしておりませんけれども・・・
失礼致しました・・・


コメントを閉じる▲
24日
 昨日から行っているブログ作業で闘っています(汗)一応、27日と28日は携帯のみで100%パソコンの前にはいない状態です。空港も使いませんので隔絶されます。

 ということで、26日までのブログ記事になる出来事を記述しています。

 そのさなか、例の問題山積みの元凶である新選組検定が前倒しで開催することを知りました。単にコンテンツ提供のマニア検定なのに、あたかも史実の勉強のフリをしていることに問題が生じています。

 ここに問題があるのは履歴書云々の話です。「お遊び検定」であるにも関わらず、履歴書に書ける資格、つまり公的資格の検定と同一のように詐称しかねない文言だということです。

 もうひとつ問題を挙げれば、後援が半年を経過しても(予定)とあることです。半年経過して後援していない自治体があるならそれは「後援しない」ということなのではないでしょうか?

 実際、日野市立新選組のふるさと歴史館ではあくまでも新選組検定は新選組ごっこであり、史実とは別個という見解をしております。

 面白いことにユーチューブにコンなものが掲出されておりました。

その1
その2
その3

 これが新選組検定の出題者を暗に否定するものだと如実にわかるものとなるでしょう。

 そして参考書の執筆者のレベルを知るためにコチラも掲示します。3名のうち、城郭研究者は城の状態、状況は判断できましが、戊辰戦争は範疇外であること、金谷俊一郎氏は民間塾の講師であり、幕末に特化した方ではないこと。すると残る1名になることは論理上、理解できることです。TBSが根拠に「戊辰戦争速記録」を使用したと言いましたが、会津若松市役所側が根拠史料の詳細を尋ねたところ、結果的に提示されることはありませんでした。これでお分かりになる方もいると思いますが、新人物往来社の作家連に見える一連の行動と一致します。こういう意味でも主唱した代表者は特定できるものと思います。

 あと、この問題ある監修者ですが、こういう事例を存じています。

 2004年、近藤勇が処刑される際、介錯役となった横倉喜三次ですが、その介錯に使用した刀を複数の出版物に「近藤の刀」と論じた訳です。
 これをたまたま横倉喜三次の次男の子孫が見て、代々伝わる刀を近藤の刀とするのはおかしいと、出版社に問い合わせたそうです。その際、出版社も「著者直接にお問い合わせください」ということになって問題の御仁に問い合わせたそうです。返ってきた言葉は、

僕が一生懸命調べたことだから
 むやみに教える訳にはいかない!

と、のたまったそうです。実際使用した刀は二王清綱で周防の刀です。近藤が長州の刀を所有するのはおかしな訳で、こういう意味でもありえないことなのですが、謝罪どころかヒトを小馬鹿にする態度を取ったそうです。

 社会的に一切役立たない、こういう方がたが関わった新選組検定だということをご理解のうえでご受験くださることを付言いたします。

閑話休題、

 なかなか眠れなく、先に買い物を済まそうと外出。

 けっきょく就寝したのは14:00でした(汗)
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





拍手[7回]

PR

【2012/06/27 (水) 10:34】 | 社会・事件
トラックバック(0) | コメント(2)

無題
あさくらゆう
北総新選組監理幕僚さま、コメントありがとうございます。
 要は学術関係者を入れず、基礎知識のないマニアの独善的な問答となっていることと、権威付けの諸機関が半年以上も(予定)だということです。昨年暮から今まで後援を得られなければ、年度を跨いでいることになりますから「後援しない」と同様の機関が含まれていることに問題を感じます。
 まぁ、商法としてもやり過ぎな感がありますので、場合によっては消費者庁が動くのではないでしょうか?履歴書に役に立たないこの資格を記載して学術機関に提出した際、嘲笑の的になったような方なんかに(爆)


恥の上塗り?
北総新選組監理幕僚
毎度大変お世話になっております、北総新選組現場監督の安房にございます。
また、やるのですか・・・
小生の個人的な感想としては、多くの方に自身が関与する世界に対して興味を持って頂く窓口としてそんな企画があることは喜ばしい事、になります。
しかし、問題はその「内容」と「信頼」とも存知ます。
広告代理店か企画代理店がやっつけで「箱先中後」に立ち上げた様子にも見え、文化的価値だの知識向上だのには殆ど無意味な「趣味」でしか無いのでしょうが、ファンとされる方にすれば、その「ステイタス」を信じているもので、それが不憫でなりません。
とにかくも検定と言うなれば、どうして新選組(徳川方歩兵若しくは大久保隊)が流山に来たのか、明確にして頂いて且つ、学術機関が或る程度「評価・認定」した上でにして頂きたいものです。
日本史全体から見れば些細なことですが、「新選組史」の中では重大な流山顛末です。
自称「研究家」や自称「活動家」の皆様は面倒なものは避けてしまうものでしょうから、期待はしておりませんけれども・・・
失礼致しました・・・


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
無題
北総新選組監理幕僚さま、コメントありがとうございます。
 要は学術関係者を入れず、基礎知識のないマニアの独善的な問答となっていることと、権威付けの諸機関が半年以上も(予定)だということです。昨年暮から今まで後援を得られなければ、年度を跨いでいることになりますから「後援しない」と同様の機関が含まれていることに問題を感じます。
 まぁ、商法としてもやり過ぎな感がありますので、場合によっては消費者庁が動くのではないでしょうか?履歴書に役に立たないこの資格を記載して学術機関に提出した際、嘲笑の的になったような方なんかに(爆)
2012/06/29(金) 23:46 |   | あさくらゆう #92cd5be2c0[編集]
[管理者用 返信]

恥の上塗り?
毎度大変お世話になっております、北総新選組現場監督の安房にございます。
また、やるのですか・・・
小生の個人的な感想としては、多くの方に自身が関与する世界に対して興味を持って頂く窓口としてそんな企画があることは喜ばしい事、になります。
しかし、問題はその「内容」と「信頼」とも存知ます。
広告代理店か企画代理店がやっつけで「箱先中後」に立ち上げた様子にも見え、文化的価値だの知識向上だのには殆ど無意味な「趣味」でしか無いのでしょうが、ファンとされる方にすれば、その「ステイタス」を信じているもので、それが不憫でなりません。
とにかくも検定と言うなれば、どうして新選組(徳川方歩兵若しくは大久保隊)が流山に来たのか、明確にして頂いて且つ、学術機関が或る程度「評価・認定」した上でにして頂きたいものです。
日本史全体から見れば些細なことですが、「新選組史」の中では重大な流山顛末です。
自称「研究家」や自称「活動家」の皆様は面倒なものは避けてしまうものでしょうから、期待はしておりませんけれども・・・
失礼致しました・・・
2012/06/28(木) 12:15 |   | 北総新選組監理幕僚 #4fbb4c4d33[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック