忍者ブログQLOOKアクセス解析
「慶応四年新撰組近藤勇始末」、「慶応四年新撰組隊士伝」著者、あさくらゆうが書いているブログです。 *なお、画像の無断使用、本来の意図と関係ない部分をツギハギして論争に使用することを固くお断り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/10/18 (水) 16:33】 |
トラックバック() | コメント()

お答えできる範囲でしたら
あさくらゆう
りえさま、コメントありがとうございます。

お答えできる範囲でしたらお答えいたします。

このコメントにメアドを入れております。

あるいはTOPページのメールをクリックしていただき、☆マークを@に変換していただければ大丈夫です。


無題
りえ
はじめまして

突然すみません。
あさくらさんにお聞きしたいことがあるのですが
メールできますか?画面上は見当たらないのですが・・・


偉い人とエラい人
あさくらゆう
みちこさま、コメントありがとうございます。

 その御仁のブログ記事には出版社へクレームを入れたとの記述が存在します。みちこさんもよくご存知の方です。

 見てもいない、確かな情報でないことにネット批判するくらいならフライング程度で済みますが、出版社にまで抗議するのは行き過ぎですね。

 こうして実見して、あるいは地元の方に確認して貰ってから話さないと、エラい人になります。たぶんご自身は偉い人と勘違いされているのでしょう。

 たぶん、無名戦士の墓は藤原地区の方々の供養によって守られたのでしょう。


存じませんでした!
みちこ
クレーム、そんなことがあったのですか。

画像までアップして頂いて、、、
詳しいお話をありがとうございます。
史跡も無事と聞きますと、安堵いたします。


コメントを閉じる▲
1日
7:00、起床。

9:35、宮古へバスを。車中、岩手県庁に自衛隊が後方待機している姿を見ます。行きの車中は深夜でしたので周囲が解りませんでしたが、高原だったり渓谷美やらが堪能できました。本当なら道路より線路の方がスキップしてスピードが出そうなのですが、本数が少ないので利用したくても出来ません。

11:45、宮古駅に到着。この宮古で唯一見たかった史跡があったので宮古観光協会へ詳細な場所を確認するために訪問。すると昨日のY事務局長がおられました。お話すると、わざわざ時間を割いて案内をいただきました。

それはココです。


 藤原観音堂です。宮古の戊辰史跡のなかで唯一高台にない地域の史跡です。明治2年に旧幕軍の首なしの遺体がこの浜に打ち上げられて、それを気の毒に思った藤原の村人たちは丁重に埋葬し、翌年には現在の墓碑を建立しています。


 そして昭和に入ってライオンズクラブの方々が基金を募って説明の石碑を建立しています。残念ながらこの石碑が今回の津波で前傾しています。復興が終了すれば再度土台を固めて復旧することでしょう。


 これが本体です。小振りですが藤原の方々の想いがこの墓石を守ったのでしょう。無傷でした。毎年藤原の方々の手で供養されております。

 なんでも、この宮古のこの墓石が流失したと勘違いして、最近発刊された「新選組を歩く」の出版社へクレームをつけた御仁がいるとか。地元の情報も耳にしないでデマを流すのはいかがとは思います。なかには誤解された方もおりましたが、普通はそこまでで、出版社にまでクレームをつけるのは異常としか言いようがありません。今回のように誤報だった場合、この御仁は出版社に陳謝するのか?まずしないでしょうね。実はMIXIのつぶやきで少し書いたのですが(それも匿名で)、なぜかその御仁に伝わったようで、その後に変な記事が掲載されておりました。もちろん犯人探しをするつもりはありませんが。

 事実と違うと言うなら1次史料とそれを補う傍証がなければそう簡単に覆るものではありません。それができないなら単なるクレーマーでしかありません。ともあれ、怪しい情報にはじゅうぶんにご注意を。

 この案内をしていただきました観光協会のYさんには本当に感謝申し上げます。途中、この沿線を走っていた釜石線の磯鶏~宮古の惨状も見分しました。まず、線路が転がっているが、どこに本来の線路があったのかまったく解りません。路盤はしっかり流されており、その周辺は住宅とともに完全なフラットになっています。一応手前に堤防があったのですが、津波はそれさえも乗り越えたのでしょう。この日も津波の脅威を知ることになりました。帰りがけに閑伊川を見ましたが、釜石線の鉄橋だけ流失してました。たぶん復旧は年内ということですが、相当な困難があることでしょう。この日も津波の脅威を心に刻まれることになりました。幸いだったのはYさんの自宅は高台で無事だったことです。ただし実家は流失しておりますので実家の方と同居生活だそうです。

閑話休題、

13:00、偶然、チーム誠を合流しまして、宮古海戦の会の伊藤さんともお会いできました。そこで一緒に食事をしまして、一行はこの後、伊藤さんとともに史跡めぐりを。私はすでに拝見しておりますので駅で待機を。

 でも駅を見回していると、いろいろなものが目に見えてきます。駅は運良く被災しなかったおかげで唯一のインフラとなっています。土産物をいくつか購入してまったりと。

15:00、チーム誠と合流して一路南へ。渋滞はなかったのですが、本来かなりの遠距離なもので、郡山へ到着したのは23:05。各種チーム誠にはお世話になりました。この場で感謝申し上げます。

 この時間ですのでJRはありません。ネットカフェでも探そうかと思いましたが、「ドリーム福島」があることを確認。なぜか高速バスネットで検索できなかったのですが、これに運良く乗車。23:50発に乗車し、5:00、東京駅着。無事に帰宅いたしました。


よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





拍手[9回]

PR

【2011/05/06 (金) 14:45】 | 社会・事件
トラックバック(0) | コメント(4)

お答えできる範囲でしたら
あさくらゆう
りえさま、コメントありがとうございます。

お答えできる範囲でしたらお答えいたします。

このコメントにメアドを入れております。

あるいはTOPページのメールをクリックしていただき、☆マークを@に変換していただければ大丈夫です。


無題
りえ
はじめまして

突然すみません。
あさくらさんにお聞きしたいことがあるのですが
メールできますか?画面上は見当たらないのですが・・・


偉い人とエラい人
あさくらゆう
みちこさま、コメントありがとうございます。

 その御仁のブログ記事には出版社へクレームを入れたとの記述が存在します。みちこさんもよくご存知の方です。

 見てもいない、確かな情報でないことにネット批判するくらいならフライング程度で済みますが、出版社にまで抗議するのは行き過ぎですね。

 こうして実見して、あるいは地元の方に確認して貰ってから話さないと、エラい人になります。たぶんご自身は偉い人と勘違いされているのでしょう。

 たぶん、無名戦士の墓は藤原地区の方々の供養によって守られたのでしょう。


存じませんでした!
みちこ
クレーム、そんなことがあったのですか。

画像までアップして頂いて、、、
詳しいお話をありがとうございます。
史跡も無事と聞きますと、安堵いたします。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
お答えできる範囲でしたら
りえさま、コメントありがとうございます。

お答えできる範囲でしたらお答えいたします。

このコメントにメアドを入れております。

あるいはTOPページのメールをクリックしていただき、☆マークを@に変換していただければ大丈夫です。
2011/05/07(土) 23:51 |   | あさくらゆう #92cd5be2ed[編集]
[管理者用 返信]

無題
はじめまして

突然すみません。
あさくらさんにお聞きしたいことがあるのですが
メールできますか?画面上は見当たらないのですが・・・
2011/05/07(土) 13:37 |   | りえ #507344675c[編集]
[管理者用 返信]

偉い人とエラい人
みちこさま、コメントありがとうございます。

 その御仁のブログ記事には出版社へクレームを入れたとの記述が存在します。みちこさんもよくご存知の方です。

 見てもいない、確かな情報でないことにネット批判するくらいならフライング程度で済みますが、出版社にまで抗議するのは行き過ぎですね。

 こうして実見して、あるいは地元の方に確認して貰ってから話さないと、エラい人になります。たぶんご自身は偉い人と勘違いされているのでしょう。

 たぶん、無名戦士の墓は藤原地区の方々の供養によって守られたのでしょう。
2011/05/06(金) 23:01 |   | あさくらゆう #92cd5be2ed[編集]
[管理者用 返信]

存じませんでした!
クレーム、そんなことがあったのですか。

画像までアップして頂いて、、、
詳しいお話をありがとうございます。
史跡も無事と聞きますと、安堵いたします。
2011/05/06(金) 22:54 |   | みちこ #526e38f04e[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック