忍者ブログQLOOKアクセス解析
「慶応四年新撰組近藤勇始末」、「慶応四年新撰組隊士伝」著者、あさくらゆうが書いているブログです。 *なお、画像の無断使用、本来の意図と関係ない部分をツギハギして論争に使用することを固くお断り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/06/26 (月) 19:37】 |
トラックバック() | コメント()

亀レスで失礼しています
あさくらゆう
みに丸さま、コメントありがとうございます。
 交通違反が煩くなってから電車移動をしないため、こうした歴史本コーナーに行かなくなっているのですが、まぁ、良い本ももちろんありますが、それ以上に悪質な本があります。まぁ、それを許している出版事情もあるのでしょうが。

川崎修之助さま、コメントありがとうございます。
 さすがに雨のため、バスの始発が遅れ、ギリギリになったことをお詫び申上げます。
 朝鮮通信使の話、面白かったのですが、今の日本と朝鮮国との利害関係を考えると利用されないかも不安になりました。趣旨の本題にあるような友好関係が構築されることを願いたいものです。


朝食の会お疲れ様でした
川崎修之助
早朝からお疲れ様でした。
映画作りの話面白かったですね。
金住先生の小説「李藝」の話も面白かったですね。
健康に留意してますますのご活躍をしてください。
          川崎修之助


東京駅
みに丸
私も上京すれば必ず寄るお店たちです。
交流館、入り口の赤ペコには心安らぎます。

時代劇小説の類は読まないのですが、今日、たまたま
、書店の棚を見ていましたら、八割方の作家は知りませんでした。
最近、時代劇小説のブームなんでしょうか。

史料明示しない作家がいるのですか。
空想の世界の方ですか?


コメントを閉じる▲
22日
5:00、起床。ざっと2時間ですが眠れました。最初は床に入ってましたが5:30に準備。

 そしたら豪雨。ほとんど台風状態(汗)洒落になりません。ゴミ出ししたら水溜まりが……。急いでドタ靴に変更。良いのか?

6:30、家を出て、巻き込む雨にも負けず、バス停に到着。少し遅れて始発のバスが到着。

6:57、田端駅に到着。先に到着した京浜東北線に乗車したら上野駅で後発の山手線に抜かれました(汗)

7:19、東京駅に到着。雨のなか、先ほどよりはよくなった雨足を急ぎ、7:27、八重洲富士屋ホテルに到着。川崎さんに電話して2Fの会場に到着。受付を通して会場へ。川崎さんが席に案内していただき、みなさんの到着を待ちます。このメンバーですが、基本的に代表取締役が参集するこの会に潜り込むのもお恥ずかしい限りですが、どうかお許しの程を。


 さて、歓談しながらメニューが運ばれて参ります。本当はデジカメで撮影したいところ、それさえも恥ずかしい雰囲気ですので、一部を携帯のカメラで撮影しました。これはラタトゥユとクスクスです。クスクスは2度目です。2度目でしたが、ウィキで初めて構成を知りました。


 まぁ、普通の朝食ですが、かなり満腹になります。パンも3種類から選べます。ちなみにこの食事は200回行っている同会のオリジナルで、一度たりとも同じメニューが出たことのないのが特徴だそうです。

 そして、食事中に映画プロデューサーの益田由美子さんが紹介され、映画製作のお話し、特にイランとの映画協力の契約に関する話は大変興味深い内容でした。

10:00に散会し、その後、川崎さんより主催者の平田さんをご紹介いただき、経緯を説明。なお今回、話しの内容は控えます。

11:00、川崎さんと別れ、福島県八重洲観光交流館へ。中に入ると6割が会津でした。

 で、奥へ行きますと左側に「八重の桜」の宣伝コーナーがありました。内容も会津と白河?の他、同志社のパンフもありましてかなりの充実ぶりです。歴代のNHK大河で、未だ放映されていない作品にこれだけPRがあるのも福島ならではの特徴なのでしょう。

 ただ、人を見るような職員構成のようで、そんな居心地のよい所ではありませんでした。知人とばかし話しまくっている職員(店員)の姿が印象的でした。

 この後、都庁に行くのですが、交流館に入る前より都庁へ行くのに12:00になる可能性が感じられ、寄り道しているのですが、まだ時間が早いので、八重洲ブックセンターに入りました。

 4Fではじめて歴史リアルを見ましたが、読書感想文作家が入っていた瞬間、「いらない」と思いました。そのレベルの本という印象となるからです。最近、やけに新人物往来社関係のマニア作家が勢いを増しています。

 で、歴史本コーナーですが、八重関係では安藤優一郎氏の著作は無難に拾って書いている感じがしました。早乙女氏は故人ですので新知識には限界があり、会津垂れ流し?という本では一般常識が欠如している箇所がいくつも見られました。消化不良の感が否めません。まぁ、作家ですから仕方ないことです。

 そのなかで、さりげなく新選組の新刊もチラホラ出ていることに気付き、作家のみ見ましたら、お馴染みの三馬鹿トリオを中心としたメンバー構成でした。史実よりも誤った作家の誤りを知りながら阿って史実を曲げる伊東某の書いたものに辟易し、史料明示しない無責任構成にはっきり言って腐乱したと思わざるを得ませんでした。宮地正人、松浦玲が指摘したことを何処吹く風とばかし、さりげなく沸く蛆虫が如く、やりたい放題の現状に重い空気が走りました。

ということで、時間となりましたので同所を辞去しました。

(つづく)
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ










拍手[1回]

PR

【2012/06/24 (日) 10:40】 | 歴史取材or調査
トラックバック(0) | コメント(3)

亀レスで失礼しています
あさくらゆう
みに丸さま、コメントありがとうございます。
 交通違反が煩くなってから電車移動をしないため、こうした歴史本コーナーに行かなくなっているのですが、まぁ、良い本ももちろんありますが、それ以上に悪質な本があります。まぁ、それを許している出版事情もあるのでしょうが。

川崎修之助さま、コメントありがとうございます。
 さすがに雨のため、バスの始発が遅れ、ギリギリになったことをお詫び申上げます。
 朝鮮通信使の話、面白かったのですが、今の日本と朝鮮国との利害関係を考えると利用されないかも不安になりました。趣旨の本題にあるような友好関係が構築されることを願いたいものです。


朝食の会お疲れ様でした
川崎修之助
早朝からお疲れ様でした。
映画作りの話面白かったですね。
金住先生の小説「李藝」の話も面白かったですね。
健康に留意してますますのご活躍をしてください。
          川崎修之助


東京駅
みに丸
私も上京すれば必ず寄るお店たちです。
交流館、入り口の赤ペコには心安らぎます。

時代劇小説の類は読まないのですが、今日、たまたま
、書店の棚を見ていましたら、八割方の作家は知りませんでした。
最近、時代劇小説のブームなんでしょうか。

史料明示しない作家がいるのですか。
空想の世界の方ですか?


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
亀レスで失礼しています
みに丸さま、コメントありがとうございます。
 交通違反が煩くなってから電車移動をしないため、こうした歴史本コーナーに行かなくなっているのですが、まぁ、良い本ももちろんありますが、それ以上に悪質な本があります。まぁ、それを許している出版事情もあるのでしょうが。

川崎修之助さま、コメントありがとうございます。
 さすがに雨のため、バスの始発が遅れ、ギリギリになったことをお詫び申上げます。
 朝鮮通信使の話、面白かったのですが、今の日本と朝鮮国との利害関係を考えると利用されないかも不安になりました。趣旨の本題にあるような友好関係が構築されることを願いたいものです。
2012/06/29(金) 23:40 |   | あさくらゆう #92cd5be2c0[編集]
[管理者用 返信]

朝食の会お疲れ様でした
早朝からお疲れ様でした。
映画作りの話面白かったですね。
金住先生の小説「李藝」の話も面白かったですね。
健康に留意してますますのご活躍をしてください。
          川崎修之助
2012/06/24(日) 21:46 |   | 川崎修之助 #580434f8ff[編集]
[管理者用 返信]

東京駅
私も上京すれば必ず寄るお店たちです。
交流館、入り口の赤ペコには心安らぎます。

時代劇小説の類は読まないのですが、今日、たまたま
、書店の棚を見ていましたら、八割方の作家は知りませんでした。
最近、時代劇小説のブームなんでしょうか。

史料明示しない作家がいるのですか。
空想の世界の方ですか?
2012/06/24(日) 20:36 |   | みに丸 #56ae1bd22d[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック