忍者ブログQLOOKアクセス解析
「慶応四年新撰組近藤勇始末」、「慶応四年新撰組隊士伝」著者、あさくらゆうが書いているブログです。 *なお、画像の無断使用、本来の意図と関係ない部分をツギハギして論争に使用することを固くお断り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/09/22 (金) 09:46】 |
トラックバック() | コメント()

ありがとうございます
あさくらゆう
大塚さま、コメントありがとうございます。
 今回、宮島誠一郎文書から当たっておりますが、あまりに多岐に史料収集がされており、驚きと喜びで震えております。
 来月は上杉博物館、米沢市立図書館、山形県立図書館で格闘しそうです(事前申請を現在出しているところです)。


戊辰紀事
大塚
 米沢藩の戊辰戦争史と言えば、やはり伊佐早謙氏編纂の『戊辰紀事』ですね。多数の史料から書かれた物なので、これを押さえれば大筋は把握出来るので重宝しています。
 また米沢藩士は筆まめな人が多く、参謀から小隊長まで多くの人物が日記を残してくれているので、本当にありがたいです。


コメントを閉じる▲
3日
8:30、山形県立図書館より連絡。よきに計らえという感じで。

12:00、起床。立てません。夢はリアルな歴史論議が中心。熱があるのは知恵熱?

14:00、上杉博物館へレファレンス。米沢には1日がかりで調査したいので事前が大事です。

15:00、もう1度旅程を組みなおす。10日に予定していたのを9日に組みなおします。9日は山形泊が確定です。11日の豊岡泊、10日の車中泊も確定しているので、あとは12日の宿泊先だけになります。実際の手配は1ケ月前になりそうです。でも冗談抜きで「日本海」になりそうなので争奪戦は必至です。B寝台上段だけは嫌なのですが…。

16:00、米沢市立図書館へ。これも同様、かなりの作業の予感です(汗)よくよく調べて見ると、米沢藩の史料で面白いのは、

①文久3年の京都

②戊辰戦争

 この2点に尽きます。すでに新選組の史料なんかもチラホラ出てますので期待大です。いつか私のライフワークの集大成としたい「新選組水戸派!」にはかかせない要素があります。すでに匂いは十分に出ています。
 
17:00、Mさんから気遣いの電話。ありがとうございます。

18:00、豆捲き。鬼は外、クネクネも外、ガラモンも外、として、福は内っと口の中へ。昔と較べ、豆も美味しくなりました。

19:00、源泉も残りひとつになりましたので、そろそろと、確定申告の計算を始めます。昨年は震災の影響で若干少なめのような気もします。3月の旅行が銃の更新とバッティングしますので銃の更新を2月末にしなければならないので、確定申告を来週にしようと奮闘します。

21:00、朝鮮テレビの2時間ドラマをつい観てしまう。中村梅雀の演技は最高なので、そこに惹かれました。相棒は山本耕司。新選組の土方歳三ですね。どちらかというとニート的な刑事が向いているのでよかったと思います。

 その最中も確定申告の計算。半年分が終了しました。

 睡眠薬を飲みましたが、ずいぶん寝ておりますので、夜は更けてまいります。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ









拍手[0回]

PR

【2012/02/05 (日) 10:54】 | 日常
トラックバック(0) | コメント(2)

ありがとうございます
あさくらゆう
大塚さま、コメントありがとうございます。
 今回、宮島誠一郎文書から当たっておりますが、あまりに多岐に史料収集がされており、驚きと喜びで震えております。
 来月は上杉博物館、米沢市立図書館、山形県立図書館で格闘しそうです(事前申請を現在出しているところです)。


戊辰紀事
大塚
 米沢藩の戊辰戦争史と言えば、やはり伊佐早謙氏編纂の『戊辰紀事』ですね。多数の史料から書かれた物なので、これを押さえれば大筋は把握出来るので重宝しています。
 また米沢藩士は筆まめな人が多く、参謀から小隊長まで多くの人物が日記を残してくれているので、本当にありがたいです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
大塚さま、コメントありがとうございます。
 今回、宮島誠一郎文書から当たっておりますが、あまりに多岐に史料収集がされており、驚きと喜びで震えております。
 来月は上杉博物館、米沢市立図書館、山形県立図書館で格闘しそうです(事前申請を現在出しているところです)。
2012/02/07(火) 23:54 |   | あさくらゆう #92cd5be296[編集]
[管理者用 返信]

戊辰紀事
 米沢藩の戊辰戦争史と言えば、やはり伊佐早謙氏編纂の『戊辰紀事』ですね。多数の史料から書かれた物なので、これを押さえれば大筋は把握出来るので重宝しています。
 また米沢藩士は筆まめな人が多く、参謀から小隊長まで多くの人物が日記を残してくれているので、本当にありがたいです。
2012/02/06(月) 23:46 |   | 大塚 #577327c706[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック