忍者ブログQLOOKアクセス解析
「慶応四年新撰組近藤勇始末」、「慶応四年新撰組隊士伝」著者、あさくらゆうが書いているブログです。 *なお、画像の無断使用、本来の意図と関係ない部分をツギハギして論争に使用することを固くお断り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/03/28 (火) 05:33】 |
トラックバック() | コメント()

ありがとうございます
あさくらゆう
稲葉式部さま、コメントありがとうございます。
本当に不思議なのですが、たぶん体力低下も原因かも知れません。
身体は大事にしないと…。


お大事に・・・。
稲葉式部
何がいけなかったんでしょうね・・・。謎なところが余計に怖いです。

どうぞお大事になさってください。


コメントを閉じる▲
17日
 睡眠薬を飲んでも眠れず。ついに5:00を迎える。ついでなのでセブンイレブンへ。めちゃ高いけれど、ゼンリンの住宅地図をネット予約すると偏狭な地でもセブンイレブンで入手可能です。でも1枚300円は高いですね。ただ、考えようによっては町屋~永田町の往復が380円ですから、本館4Fでコピーするよりは時間の労苦も考えれば1枚なら楽ですか…。ただ、ある程度的を絞らないとハズレるのが怖い。いまなら吉野家の牛丼よりA31枚の紙の方が高いのか…。

15:00、起床。寝れば寝るで睡眠薬の後遺症が…。この後、魔の手が忍び寄ることには気づかず…。

 実は家でなにを食したかを覚えていません。解っていることは100%生モノでないことです。でもなにかが当っています。宝くじなら良いですが、そんなモノではありません(汗)

17:30、家を出ます。北千住で千代田線に乗って綾瀬駅へ。Tさんと待ち合わせします。きょうはお宝を見せていただけることになっています。

18:30、うな万へ。先客がおり、なんでも江戸検1級の方々とか。

 この後、お宝を拝見。想像していたより痩せていましたが気品高い人物に見えました。宮内省(当時)の賞状もあり、やはり本物は違います。

 それから話は尽きず、しかし病魔は少しづつ迫ります(汗)

21:00、Tさんと別れ、実はこのとき身体に少し痺れが…うな万のときに症状があったので、この病気は最低でも潜伏期間は早くて3時間。家でなにかがあったのです(汗)少しホームで休みながら帰宅しました。

22:00、ついに意識朦朧に…。ダウン…。

18日
2:00、起床。朦朧気味なのは仕方なし。中毒症状は脱したと思うのですが、脱水症状が出ています。水分を補給し、ベッドにも水分を置いて横臥。

6:00、再度朦朧に…。

16:00、少し起きて、緑葉野菜炒めをいただく。

18:30、なんとか起床。朦朧状態は続きます。腹痛はピンポイントだけになりました(汗)

 この後、少し知人のUさんと電話。被災地の話やら。

20:00、ドリンク類が一切ないので腹痛を我慢してスーパーへ。実はこのスーパーに行くのに時間規制の解除が20:00で、今度は道路工事が21:00からなので、この間しか楽にたどり着けません。思い思いにドリンクは購入できて帰宅。

21:00、ドラマ鑑賞。頭がボケ~としてるので中身はうろ覚え。

22:00、迫っている京都龍馬会の原稿に着手。23:00、中断。

 夜は更けてまいります…。


よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





拍手[3回]

PR

【2011/05/19 (木) 01:40】 | 日常
トラックバック(0) | コメント(2)

ありがとうございます
あさくらゆう
稲葉式部さま、コメントありがとうございます。
本当に不思議なのですが、たぶん体力低下も原因かも知れません。
身体は大事にしないと…。


お大事に・・・。
稲葉式部
何がいけなかったんでしょうね・・・。謎なところが余計に怖いです。

どうぞお大事になさってください。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
稲葉式部さま、コメントありがとうございます。
本当に不思議なのですが、たぶん体力低下も原因かも知れません。
身体は大事にしないと…。
2011/05/20(金) 07:28 |   | あさくらゆう #55fd77dca8[編集]
[管理者用 返信]

お大事に・・・。
何がいけなかったんでしょうね・・・。謎なところが余計に怖いです。

どうぞお大事になさってください。
2011/05/20(金) 01:43 |   | 稲葉式部 #54985fffa6[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック