忍者ブログQLOOKアクセス解析
「慶応四年新撰組近藤勇始末」、「慶応四年新撰組隊士伝」著者、あさくらゆうが書いているブログです。 *なお、画像の無断使用、本来の意図と関係ない部分をツギハギして論争に使用することを固くお断り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/12/11 (月) 18:38】 |
トラックバック() | コメント()

ありがとうございます
あさくらゆう
稲葉さま、みちこさま、

ありがとうございます。

どうかよろしくお願い申し上げます。


明日からですね!
みちこ
私もアチコチに掲載させて頂きます。

ご紹介させていただきます。
北総新選組☆稲葉
北総新選組ブログでもご紹介させていただきます!


コメントを閉じる▲

19日
 基本的に本日は宣伝です。

 体調不良は続いたままに1:30には就寝。

 結果的に16:00起床。ダメージ大です。ついでに肩痛もけっこうな感じで…。

 なので、17:20には内科病院へ。18:20には整形外科へ。

 本当は17:30から始まっております「梁山泊」の会合ですが、着いたのは20:00ころでしょうか?まだお話は過熱しておりました。

 お題は「津波と地名」についてです。「津」→「港」や「田」→「所」というのが印象的でした。

 で、このメンバーが中心となって上記画像の展示会が催されます。主催はこの梁山泊メンバーの幹部、長沼節夫氏で、「3.11大震災被災地新聞を支援する会」です。

 とにかく凄いのは、東京では滅多にお目にかかれない、米国にも寄贈された「石巻日日新聞」のアノ「壁新聞」の現物や、3.11の津波に呑まれても日本プレスセンターに届いた泥だ付いた新聞等、当時の地域新聞が、あのままで見ることが出来るそうです。聞いた話によると、津波情報が入ってゐの一番に逃げたのが大手新聞社の方々だそうです(避難指示に従ったようです)。オフレコ過ぎて言えないことも多いですが、その現地を掻い潜って、必死で取材して報道し続けた地域新聞の記者魂がこの展示会で見れるのではないでしょうか?

 ちなみに無料です。

場所:千代田区内幸町2-2-1
    日本プレスセンタービル1F玄関フロア

時間:9:00~18:00

期日:5月24日~5月30日

 土日も観れますので、どうか足をお運びください。


 これは関係ありませんが、宮古市の被災現場の一部です


よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





拍手[6回]

PR

【2011/05/21 (土) 23:30】 | その他イベント
トラックバック(0) | コメント(3)

ありがとうございます
あさくらゆう
稲葉さま、みちこさま、

ありがとうございます。

どうかよろしくお願い申し上げます。


明日からですね!
みちこ
私もアチコチに掲載させて頂きます。

ご紹介させていただきます。
北総新選組☆稲葉
北総新選組ブログでもご紹介させていただきます!


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
稲葉さま、みちこさま、

ありがとうございます。

どうかよろしくお願い申し上げます。
2011/05/25(水) 11:56 |   | あさくらゆう #92cd5be3ad[編集]
[管理者用 返信]

明日からですね!
私もアチコチに掲載させて頂きます。
2011/05/24(火) 14:18 |   | みちこ #526e38f04e[編集]
[管理者用 返信]

ご紹介させていただきます。
北総新選組ブログでもご紹介させていただきます!
2011/05/24(火) 11:51 |   | 北総新選組☆稲葉 #4fbaeb720c[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック