忍者ブログQLOOKアクセス解析
「慶応四年新撰組近藤勇始末」、「慶応四年新撰組隊士伝」著者、あさくらゆうが書いているブログです。 *なお、画像の無断使用、本来の意図と関係ない部分をツギハギして論争に使用することを固くお断り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/08/24 (木) 02:42】 |
トラックバック() | コメント()

んなことないです
あさくらゆう
ろじねこ@出羽守さま、コメントありがとうございます。

 この状態でナデナデしましたが喜んでいただけました。よほど住職夫人を信頼しているのでしょう。

 ねこ好きに悪い人はいません。


にくきゅうが・・・
ろじねこ@出羽守
丸見えではないですか、猫ちゃん。
ただ、表情はやや緊張してるようですが・・・。

このままぷにっ、と押したら、やっぱ引っ掻かれるのかなぁ。


コメントを閉じる▲
10日
6:00、起床。外は雪(汗)米沢の史跡めぐりに不安がよぎります。

 チェックアウトが遅くなり、目前でバスに行かれてしまいます。仕方ないので再度タクシーを。


8:06、奥羽本線で山形へ。この列車はロングシートでした。学生対策のようです。

8:45、山形着。もたもたしてたのでバスに行かれてしまいました(汗)調べたら1つ手前のバス停まで行く路線を見つけてそれに乗車。

9:20、係の方がとても親切で伊東家文書を閲覧します。それにしても、その他文書が予想を超える量に驚きました。もう古文書と格闘です。

 ここで思ったのが上杉鷹山公の時代に米沢藩の財政再建の際、この伊東家が貸し付けている事実を知りました。この伊東家の財力が米沢藩にかなり影響を及ぼしていたことを知りました。川崎八重が寄留した内藤家のことも僅かにありました。八重家族を居候させた一因を見た気がします。


12:00、昼時間を作り1Fの遊とぴあで食事。季節のパスタだそうです。味はまぁまぁというところですか。コーンスープはニンジンがゴロゴロ入ってまして意表をついてました。

14:00、同所を辞去。さきほどのバス停で乗車して山形駅へ。外は雨。

14:24、山形発。今回はクロスシート2輌でした。やはりロングシートは学生対策でしたね。

15:09、米沢に到着。駅レンタカーで自転車を借ります。この自転車で再度米沢図書館へ。文書目録を閲覧しました。それと雲井龍雄遺骨葬送についての冊子を閲覧しました。


16:30、同所を辞去。1月に訪問して断念した宮島大八生誕の地碑へ参りました…が、積雪のため、場所はわかりましたが雪対策のための板囲いで見えず。前はこの板囲いを超えた雪がありましたので、場所がわかっただけヨシとしました。


17:10、近藤勇の首を埋葬したという高国寺へ。ココもこんな感じでした。写真は近藤家墓所です。右側に「近」の一部が見えています。この奥は積雪のため、墓参は不可能な状態です(汗)なお、本堂までは融雪設備があるので溶けてますが、墓所はすべて埋没しております。ちなみに外は雨。

 近藤勇米沢説は諸処、物議は醸してますが、結論、


猫好きに悪い人はいない!

 以上です。ご住職の奥様が親切に対応していただきました。ありがたいことです。

17:30、自転車を返し、買い物。そして米坂線の到着を待ちます。


18:26、米沢を発車。19:12、羽前椿に到着。ここから代行バスで小国まで参ります。ちなみにJR東日本のテレホンセンターではこの代行バスはないことにされています。旅行者には厳しい対応です。それに反して米沢駅の職員は親切でした。

20:01、小国着。なにか渋滞もなくこの時間でした。接続の代行バスも待っていてくれて、乗車後、6人を乗せて発車。坂町に着くまで居眠り。外は峠のみ雪。

21:01、坂町駅に到着。自販機以外はないもない駅です。薄い暖房があるだけです。眠ってしまったので寒い!本当に寒かった(泣)駅前のコンビニで弁当を買おうと思ったら良い感じのものがなくあきらめて待ちます。


21:28、快速到着。特急列車を代用してましたので乗り心地はOK。ただし乗った車両のドアが壊れており、空いたりしまったりが不気味で居眠りしかけても起こされます(汗)

22:12、新潟到着。寝起きで寒いうえに雨。駅前のセブンイレブンで弁当を購入し、待合室でいただきます。列車でいただきたいですがアクロバットになってしまいますので断念。

22:40、今回お世話になる寝台急行「きたぐに」に乗車。16日付をもって定期運用からはずれるため、ザ・マニアで充満してます。なのでけっこう騒がしい。

22:58、新潟を発車。懐かしい鉄道唱歌のメロディが車内放送として流れます。


 ちなみにアクロバットと言ったのには理由があります。この列車は今最後に残った3段式寝台車なのです。そして通路が真ん中なので避難できる場所がない。暇なころなら自由席を利用できるのですが、廃止ラッシュのためそれも無理。当然寝台内では一部を除き起き上がる高さがないので大変です(汗)

 それでも下段にしたから幅は広いので、支度も整えば、あとは寝るだけ。と言っているうちに疲労で知らないうちに就寝してました。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





拍手[0回]

PR

【2012/03/15 (木) 10:50】 | 取材旅行(主に東日本)
トラックバック(0) | コメント(2)

んなことないです
あさくらゆう
ろじねこ@出羽守さま、コメントありがとうございます。

 この状態でナデナデしましたが喜んでいただけました。よほど住職夫人を信頼しているのでしょう。

 ねこ好きに悪い人はいません。


にくきゅうが・・・
ろじねこ@出羽守
丸見えではないですか、猫ちゃん。
ただ、表情はやや緊張してるようですが・・・。

このままぷにっ、と押したら、やっぱ引っ掻かれるのかなぁ。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
んなことないです
ろじねこ@出羽守さま、コメントありがとうございます。

 この状態でナデナデしましたが喜んでいただけました。よほど住職夫人を信頼しているのでしょう。

 ねこ好きに悪い人はいません。
2012/03/19(月) 00:47 |   | あさくらゆう #92cd5be332[編集]
[管理者用 返信]

にくきゅうが・・・
丸見えではないですか、猫ちゃん。
ただ、表情はやや緊張してるようですが・・・。

このままぷにっ、と押したら、やっぱ引っ掻かれるのかなぁ。
2012/03/16(金) 20:36 |   | ろじねこ@出羽守 #56ca8e4c03[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック