忍者ブログQLOOKアクセス解析
「慶応四年新撰組近藤勇始末」、「慶応四年新撰組隊士伝」著者、あさくらゆうが書いているブログです。 *なお、画像の無断使用、本来の意図と関係ない部分をツギハギして論争に使用することを固くお断り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/04/30 (日) 16:05】 |
トラックバック() | コメント()

名前貸し
あさくらゆう
あほのかみさま、コメントありがとうございます。
 サミットですが、名前貸しのようです。なので正式名称「全国新選組サミット構成団体」となってないのもそういう理由です。
 まぁ、ある店で話してましたが、「正しい史実を伝えたい」という感覚のない問題ある監修ですから仕方ないのでしょう。


確定情報なのでしょうね・・・
あほのかみ
毎度大変お世話になっております。
無学浅識の小生ではございますが、余りにいい加減ですと「業務」に支障するので大変困惑してしまいます。
何でもサミットも協力、なのだそうですが弊連盟は・・・
一、何故「新選組」と呼称される部隊が流山に来たのか
二、そもそも主家たる将軍家が恭順受託したのに、それに反して行動したのか
三、近藤勇斬首の明確根拠
それらの資料及び第三者による検証可能な情報の確定が、その監修者のみならずサミットや第三者組織・学術者などから認定なり確認なりされた上での「出題」なんでしょうか?
いや、検定で否定一切受容せずとの姿勢なれば、その覚悟はおありなのでしょうね・・・
もっとも昨今の検定では鉄道に関するものも多く、それらの殆ど全部に近いものが趣味どころか痴話から脱するも出来ない内容だったり致しますので・・・
いや、あくまで検定の批判では無く、「現場責任者」としての本音であります。
そんな事よりやらなければならない「足下の急務」が各々ございましょうに、と存知ます。
それとも、そんな「監修」の座にあれば、全く世間の産業規模数値に表現も出来ない世界の中とは言え、「天下取り」を成したとでもお考えになられるものなのでしょうか?
他方、成る程にこれは良い商売でございます。
貧乏特定非営利活動法人に取りましては救済策でございます、前向きに検討したく思いました(微笑)。
失礼致しました・・・


銭ゲバ
あさくらゆう
梅痴鴉さま、コメントありがとうございます。
 基本的今回の検定は昨年より種を捲いていた銭ゲバ商法の典型でしょう。これには「学術」という言葉はなく、あくまでも「文芸」の領域だと思います。日野新選組のふるさと歴史館もこの検定を全否定しております。つまりゲームの一種、仮面ライダーシールを収集する感覚と同じレベルですね。


つかこうへいでしたっけ?
梅痴鴉
実は「バカバカしさと受け」を狙ってサイキッカーとして検定試験を受けようと思ったのですが、昨日の都立図書館史料コピー作戦で資金を使い果たしてしまったので断念しました(涙

検定好きの日本人らしいですが、新撰組のように「虚構と実像」が完全分離もさせておらず、在野史家が象牙の塔より「失格」の烙印を押されてしまった以上は検定試験で金儲けをするのではなく、研究の再建が重要ではないでしょうか?

まあ、聞く耳を持っているとは思えませんが。


虚無
あさくらゆう
みに丸さま、コメントありがとうございます。

 たぶん、時が経ったときにわかると思います。いかにこの検定が無駄だったかが。問答に傍証がない、根拠を隠す、こういうことがOKな検定試験はインチキ以外のなにものでもありません。

 いっそのこと、問題で、「沖田総司の正体は、A、微生物、B、猿、C、女、D、宇宙人」とかやって、正解をCにしていただきたいものです。だって「沖田総司はBカップ」という映画があったから♪なんて理由で。そのレベルです。この検定は。


使えない資格
みに丸
えーーっ、こんな講座もあるんですか。
驚きました。
お好きな方は参加されたらいいですが、、。
中途半端な飼料ではない資料を使って書く作家は表紙を見てもすぐわかりますね。
小説の類は、読む気がしません。
明日は日曜なので、図書館に行き、自分では買えない
史料を読んで勉強して来ます。


コメントを閉じる▲
 さて、最近、このキーワード、つまり新選組検定ですが、最近コンな商売を始めたようです。なんとなく想定できてましたが、どうも短期集中商法にシフトしたようにも思えます。頭が良いのは確実に前払いで集金できる方法を確立しているからです。あとで学術研究者から文句が出た場合を想定してやり逃げ商法できる対策とも言えます。どのみち問題ある監修者が作る問答ですから、学術関係者からその回答はおおいに否定されることでしょう。

と、いっても主催者は異議は誤った回答であっても一切認めない方針ですからいずれ問題にはなるでしょうが。裏を返せば日販に出版社は逆らえないので、そうした流通形態を採らない発言が出ることはあります。そうした学術関係者がいれば私もサポートしたく考えています。

 簡単に考えれば

①、日本出版販売(日販は書籍の卸流通会社)が企画する
②、いくつかの出版社を検定推奨本とする
③、その本がいくばくか売れる
④、日本出版販売が利益を得る
⑤、恩義により検定の宣伝をする
⑥、検定受験者が増える
⑦、日本出版販売が利益を得る
⑧、検定終了後、検定合格者に出版社が執筆させる
⑨、出版社が日本出版販売に恩を売る
⑩、推奨本競争が激化した場合、恩を売った会社が得をする
⑪、本が売れる、出版社が利益を得る
⑫、日本出版販売が利益を得る

 簡単にいえばこういうサイクルでしょう。資格を取ったところで学術的にはまったく役に立たない、つまり過去の資格商法と酷似しています。使えない資格に夢を見させる、主催者に利益を生む、これを

○質商法


として問題となったのは何年前でしょう。このときはよく「秘書検定」が人気となりましたが…。

 いや、当初は書くつもりはなかったのですが、当該ページはいくつものソーシャルネットワーク等にリンクし、「ブログに書く」という項目まであったので宣伝していただきたいという趣旨に賛同してしまいました。まぁ、書けば当然利益を得る者に恨まれますが、目先の利益を追うより誤りのない史実を伝えることの方が大事だと思っています。

 まぁ、数年後にはどうなっていることやら…。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ









拍手[8回]

PR

【2012/02/18 (土) 10:14】 | 迷惑な話
トラックバック(0) | コメント(6)

名前貸し
あさくらゆう
あほのかみさま、コメントありがとうございます。
 サミットですが、名前貸しのようです。なので正式名称「全国新選組サミット構成団体」となってないのもそういう理由です。
 まぁ、ある店で話してましたが、「正しい史実を伝えたい」という感覚のない問題ある監修ですから仕方ないのでしょう。


確定情報なのでしょうね・・・
あほのかみ
毎度大変お世話になっております。
無学浅識の小生ではございますが、余りにいい加減ですと「業務」に支障するので大変困惑してしまいます。
何でもサミットも協力、なのだそうですが弊連盟は・・・
一、何故「新選組」と呼称される部隊が流山に来たのか
二、そもそも主家たる将軍家が恭順受託したのに、それに反して行動したのか
三、近藤勇斬首の明確根拠
それらの資料及び第三者による検証可能な情報の確定が、その監修者のみならずサミットや第三者組織・学術者などから認定なり確認なりされた上での「出題」なんでしょうか?
いや、検定で否定一切受容せずとの姿勢なれば、その覚悟はおありなのでしょうね・・・
もっとも昨今の検定では鉄道に関するものも多く、それらの殆ど全部に近いものが趣味どころか痴話から脱するも出来ない内容だったり致しますので・・・
いや、あくまで検定の批判では無く、「現場責任者」としての本音であります。
そんな事よりやらなければならない「足下の急務」が各々ございましょうに、と存知ます。
それとも、そんな「監修」の座にあれば、全く世間の産業規模数値に表現も出来ない世界の中とは言え、「天下取り」を成したとでもお考えになられるものなのでしょうか?
他方、成る程にこれは良い商売でございます。
貧乏特定非営利活動法人に取りましては救済策でございます、前向きに検討したく思いました(微笑)。
失礼致しました・・・


銭ゲバ
あさくらゆう
梅痴鴉さま、コメントありがとうございます。
 基本的今回の検定は昨年より種を捲いていた銭ゲバ商法の典型でしょう。これには「学術」という言葉はなく、あくまでも「文芸」の領域だと思います。日野新選組のふるさと歴史館もこの検定を全否定しております。つまりゲームの一種、仮面ライダーシールを収集する感覚と同じレベルですね。


つかこうへいでしたっけ?
梅痴鴉
実は「バカバカしさと受け」を狙ってサイキッカーとして検定試験を受けようと思ったのですが、昨日の都立図書館史料コピー作戦で資金を使い果たしてしまったので断念しました(涙

検定好きの日本人らしいですが、新撰組のように「虚構と実像」が完全分離もさせておらず、在野史家が象牙の塔より「失格」の烙印を押されてしまった以上は検定試験で金儲けをするのではなく、研究の再建が重要ではないでしょうか?

まあ、聞く耳を持っているとは思えませんが。


虚無
あさくらゆう
みに丸さま、コメントありがとうございます。

 たぶん、時が経ったときにわかると思います。いかにこの検定が無駄だったかが。問答に傍証がない、根拠を隠す、こういうことがOKな検定試験はインチキ以外のなにものでもありません。

 いっそのこと、問題で、「沖田総司の正体は、A、微生物、B、猿、C、女、D、宇宙人」とかやって、正解をCにしていただきたいものです。だって「沖田総司はBカップ」という映画があったから♪なんて理由で。そのレベルです。この検定は。


使えない資格
みに丸
えーーっ、こんな講座もあるんですか。
驚きました。
お好きな方は参加されたらいいですが、、。
中途半端な飼料ではない資料を使って書く作家は表紙を見てもすぐわかりますね。
小説の類は、読む気がしません。
明日は日曜なので、図書館に行き、自分では買えない
史料を読んで勉強して来ます。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
名前貸し
あほのかみさま、コメントありがとうございます。
 サミットですが、名前貸しのようです。なので正式名称「全国新選組サミット構成団体」となってないのもそういう理由です。
 まぁ、ある店で話してましたが、「正しい史実を伝えたい」という感覚のない問題ある監修ですから仕方ないのでしょう。
2012/02/21(火) 10:11 |   | あさくらゆう #92cd5be296[編集]
[管理者用 返信]

確定情報なのでしょうね・・・
毎度大変お世話になっております。
無学浅識の小生ではございますが、余りにいい加減ですと「業務」に支障するので大変困惑してしまいます。
何でもサミットも協力、なのだそうですが弊連盟は・・・
一、何故「新選組」と呼称される部隊が流山に来たのか
二、そもそも主家たる将軍家が恭順受託したのに、それに反して行動したのか
三、近藤勇斬首の明確根拠
それらの資料及び第三者による検証可能な情報の確定が、その監修者のみならずサミットや第三者組織・学術者などから認定なり確認なりされた上での「出題」なんでしょうか?
いや、検定で否定一切受容せずとの姿勢なれば、その覚悟はおありなのでしょうね・・・
もっとも昨今の検定では鉄道に関するものも多く、それらの殆ど全部に近いものが趣味どころか痴話から脱するも出来ない内容だったり致しますので・・・
いや、あくまで検定の批判では無く、「現場責任者」としての本音であります。
そんな事よりやらなければならない「足下の急務」が各々ございましょうに、と存知ます。
それとも、そんな「監修」の座にあれば、全く世間の産業規模数値に表現も出来ない世界の中とは言え、「天下取り」を成したとでもお考えになられるものなのでしょうか?
他方、成る程にこれは良い商売でございます。
貧乏特定非営利活動法人に取りましては救済策でございます、前向きに検討したく思いました(微笑)。
失礼致しました・・・
2012/02/20(月) 04:12 |   | あほのかみ #9a7f522996[編集]
[管理者用 返信]

銭ゲバ
梅痴鴉さま、コメントありがとうございます。
 基本的今回の検定は昨年より種を捲いていた銭ゲバ商法の典型でしょう。これには「学術」という言葉はなく、あくまでも「文芸」の領域だと思います。日野新選組のふるさと歴史館もこの検定を全否定しております。つまりゲームの一種、仮面ライダーシールを収集する感覚と同じレベルですね。
2012/02/19(日) 23:36 |   | あさくらゆう #92cd5be296[編集]
[管理者用 返信]

つかこうへいでしたっけ?
実は「バカバカしさと受け」を狙ってサイキッカーとして検定試験を受けようと思ったのですが、昨日の都立図書館史料コピー作戦で資金を使い果たしてしまったので断念しました(涙

検定好きの日本人らしいですが、新撰組のように「虚構と実像」が完全分離もさせておらず、在野史家が象牙の塔より「失格」の烙印を押されてしまった以上は検定試験で金儲けをするのではなく、研究の再建が重要ではないでしょうか?

まあ、聞く耳を持っているとは思えませんが。
2012/02/19(日) 23:01 |   | 梅痴鴉 #56125936e5[編集]
[管理者用 返信]

虚無
みに丸さま、コメントありがとうございます。

 たぶん、時が経ったときにわかると思います。いかにこの検定が無駄だったかが。問答に傍証がない、根拠を隠す、こういうことがOKな検定試験はインチキ以外のなにものでもありません。

 いっそのこと、問題で、「沖田総司の正体は、A、微生物、B、猿、C、女、D、宇宙人」とかやって、正解をCにしていただきたいものです。だって「沖田総司はBカップ」という映画があったから♪なんて理由で。そのレベルです。この検定は。
2012/02/19(日) 11:43 |   | あさくらゆう #92cd5be296[編集]
[管理者用 返信]

使えない資格
えーーっ、こんな講座もあるんですか。
驚きました。
お好きな方は参加されたらいいですが、、。
中途半端な飼料ではない資料を使って書く作家は表紙を見てもすぐわかりますね。
小説の類は、読む気がしません。
明日は日曜なので、図書館に行き、自分では買えない
史料を読んで勉強して来ます。
2012/02/18(土) 23:58 |   | みに丸 #4fbc8a0ad0[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック