忍者ブログQLOOKアクセス解析
「慶応四年新撰組近藤勇始末」、「慶応四年新撰組隊士伝」著者、あさくらゆうが書いているブログです。 *なお、画像の無断使用、本来の意図と関係ない部分をツギハギして論争に使用することを固くお断り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/07/29 (土) 02:02】 |
トラックバック() | コメント()

ねこ長屋
あさくらゆう
ろじねこ@出羽守さま、コメントありがとうございます。
 ねこ枕は過去、我が家に鎮座いたしましたるねこ様で試したことがあります。さすがに頭の重さに辟易してすぐに離脱しました。この滞在時間で自分の行為を自問自答するねこがおりまして、つい眺めておりました。


猫枕
ろじねこ@出羽守
交通文化連盟本部は、鹿島鉄道最終日の際行ったのですが、まさに「猫屋敷」でしたね。(集合住宅なので「屋敷」の定義からは外れるでしょうが)
ちょっと横になった時に、床上に座った猫をつい枕にしてしまったのですが、いや~、手で撫で撫でするのとはまた違った感触でしたね~猫の背中は。

次に行かれたときは是非試してみてください。


コメントを閉じる▲
22日
1:30、コンビニへ。ついでにコピー。

4:00ごろ就寝。

14:00ごろ起床。

16:00、家を出て図書館に「女たちの明治維新」を借りる。その足で北千住に行き、半蔵門線で国会図書館へ。けっこうロスして17:55に入館。今回は後日コピーの引取りだけでしたので資料請求はありません。それを織り込み済みで入館していても、なにか職員にハラハラ感を感じるのに苦笑しました(入館できても資料請求できずに怒る方もいますし)。

18:10、同館を辞去。千代田線に乗車して一気に新松戸まで参ります。

 そのなかで「女たちの明治維新」で必要部分を読了。うん、

ダメだこりゃ!!

 話が作られている。辻褄が合わない。で、この著者の責任なのかというと、参考文献に一件あやしいのがある。結論で言えば、史料がないから鵜呑みで書いている部分がこの著者には多いことがわかります。特に面白そうな部分は史料批判より「読者受け」を狙っている印象を強く受けました。どのみちこの書籍を参考文献で使うこと自体が「孫引き」なので著述する者が使用するべきではないものという認識を覚えました。

 ちなみにコピーしたのは斗南藩の書籍ですが、使える部分を必要最小限に留めました。この時期の調査であればもっと追求した内容になったと思います。まぁ、こればかりは仕方のないことですが。

19:10、新松戸駅下車。吉野さんのお迎えで交通文化連盟本部にお邪魔しました。たぶん初めてのような……。

 そしたらネコちゃまのお出迎えが凄いのなんのって…。で、奥の間には北総を取材しているチームが。なのでけっこうな人数とネコちゃまで充満した状態になりました。いやはや、ネコちゃまの自由奔放な姿は楽しいものですが、犬がするようなサプライズや、あってはならないサプライズもあり、いやはや驚きさ!!被害者の方にはお見舞い申し上げます(汗)

 で、創業者勤続表彰のためにサプライズなプレゼントを用意しまして授与式を行いました。喜んでいただけるかどうかはアレですが、商品と副賞は交通文化連盟、あるいは北総新選組の方で発表していただくとして、私の方からは申しません。

 で、まさかこんなに話が盛り上がるとは思わなかったものですから気付いたらエッ!!0:05、もう終電間に合わない……。

 ここで同席していた昭和30年代生まれの20歳、中村イガ守さまの父上がイガ守さまの送迎に出てくれることに!それに申し訳ないながら同乗させていただき1:30、帰宅範囲である千住桜木交差点まで送迎していただきました。本当にありがとうございます!!

人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





拍手[3回]

PR

【2011/11/26 (土) 10:09】 | 日常
トラックバック(0) | コメント(2)

ねこ長屋
あさくらゆう
ろじねこ@出羽守さま、コメントありがとうございます。
 ねこ枕は過去、我が家に鎮座いたしましたるねこ様で試したことがあります。さすがに頭の重さに辟易してすぐに離脱しました。この滞在時間で自分の行為を自問自答するねこがおりまして、つい眺めておりました。


猫枕
ろじねこ@出羽守
交通文化連盟本部は、鹿島鉄道最終日の際行ったのですが、まさに「猫屋敷」でしたね。(集合住宅なので「屋敷」の定義からは外れるでしょうが)
ちょっと横になった時に、床上に座った猫をつい枕にしてしまったのですが、いや~、手で撫で撫でするのとはまた違った感触でしたね~猫の背中は。

次に行かれたときは是非試してみてください。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ねこ長屋
ろじねこ@出羽守さま、コメントありがとうございます。
 ねこ枕は過去、我が家に鎮座いたしましたるねこ様で試したことがあります。さすがに頭の重さに辟易してすぐに離脱しました。この滞在時間で自分の行為を自問自答するねこがおりまして、つい眺めておりました。
2011/12/01(木) 06:45 |   | あさくらゆう #92cd5be2b1[編集]
[管理者用 返信]

猫枕
交通文化連盟本部は、鹿島鉄道最終日の際行ったのですが、まさに「猫屋敷」でしたね。(集合住宅なので「屋敷」の定義からは外れるでしょうが)
ちょっと横になった時に、床上に座った猫をつい枕にしてしまったのですが、いや~、手で撫で撫でするのとはまた違った感触でしたね~猫の背中は。

次に行かれたときは是非試してみてください。
2011/11/30(水) 21:59 |   | ろじねこ@出羽守 #56ca8e4ba3[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック