忍者ブログQLOOKアクセス解析
「慶応四年新撰組近藤勇始末」、「慶応四年新撰組隊士伝」著者、あさくらゆうが書いているブログです。 *なお、画像の無断使用、本来の意図と関係ない部分をツギハギして論争に使用することを固くお断り申し上げます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/09/22 (金) 09:54】 |
トラックバック() | コメント()

ははは…
あさくらゆう
みに丸さま、コメントありがとうございます。
 もう2年経ちますが、まだイメージは私の中に残っています。星さんと隣の峯岸さんが話し合いをして、絶対に話が長引くであろう松下氏の話を一生懸命遮ろうとしていた努力を。3回ほどでようやく遮ることに成功しました。


私も聞きたかった・・・
みに丸
あさくらさまのお話を読んでいるだけでも、
吹き出しそうになりました。

「松下英治氏個人の独演会に……。さすがに業を煮やした星氏が話しを遮って、」

目に見えるようです、、、。



はじめまして(笑)
管理人
梅痴鴉さま、こちらでははじめまして。
コメントありがとうございます。

もう笑いのツボ満載で、壇上の方たちは罰ゲーム状態で、本当に面白かったですよ。

ともかく、山口県云々の話があってから、聴き方のスイッチを変えてましたので、史実的なことを一切考えずに拝聴しました。

埋葬の話については星氏も話を違う方向にシフトして結論を出さずに終えました。当事者が多いなかでの発言としては正解だったと思います。

ちなみに今回の登壇者は新選組ゆかりの地団体でしたので、史実的なシンポではないことを附記します。

でも、面白かった♪最高でした(笑)


はじめまして、失礼致します
梅痴鴉
こちらでははじめまして。はじめての書き込みですが宜しくお願いします。

読んでいて途中から飲んでいた牛乳を鼻から出してしまいました(大笑い
いや、新撰組のシンポというよりも妄想で楽しむエスエフ大会といった方がよかったというか、なにはともあれ文章の端々からあさくら先生の困惑したり、笑っていたりという顔が浮かんでいるようです。
埋葬禁止令云々については、私は敢て劇毒を込めて感想を述べると「誰がその遺体を埋葬し、その埋葬に従事した人達についてきちんと述べた人がそのシンポにいたのか?遺体埋葬を行なった人達に対して、後世のファンから感謝の言葉はあったのか?」とだけに留めたいです。この件で、綾瀬の新撰組研究家の方々が触れなかったのは流石でしょう。

しかし、私が大笑いしたのがミクシィコミュで桂小五郎で議論しているネタを星先生が慌てるように否定しているのは微笑ましいです。というより、ミクシイコミュをそこまで意識していているのでしょうか?どうせなら、こちらのコミュで堂々と反論していただくともっと大笑いできるのですが(毒笑

それは兎も角、今回の後援会には会津史談会の畑敬之助先生は御参加されたのでしょうか?この手のサミットなら学術的な視点で論議があってもよい筈ですが、どうだったのでしょう。

過激な表現については申訳ありませんでした。失礼致します。


コメントを閉じる▲

 当日の行動は別に書きますが、9月21日に新選組サミットが会津若松市嘉永蔵で催されました。

 私は日野新選組同好会へ依頼したこともあり、出席いたしました。こちらはお願いした側でしたので、席は市谷柳町試衛館の確保エリアに座りました。

 まず最初に会津若松サイドよりご挨拶。よくある光景です。敬老の日と重なっているため、行政からは副市長が挨拶に見えました。その後、町おこしサイドから商工会各位より挨拶があり、ゆかりの地団体が登壇し、討論会が行われました。

 と、書いてますが、討論会だった?かは以下をお読みください。

 まずはコーディネーターの星亮一氏から各団体の自己紹介。日野、会津、市谷と続きます。この次は流山ですが、流山隊としてはなく、松下英治氏個人の独演会に……。さすがに業を煮やした星氏が話しを遮って、残る綾瀬は空気を察して簡単に終って討論会に入ります……

が、……この後、星氏の独演が30分に及びます。あとで話を聞いたら15:00からの講演内容と同一だということで、たぶん、11:25にいたるまで、約1時間弱は星氏のお話でした。まぁ、講演を聴けなかった私としてはありがたい話ではありました(汗)

 で、その話を要約しますと、

○会津はいまより山口県と対決姿勢を鮮明にしなければ……

○高知県に謝罪させて提携……

○土佐藩は戦争がヘタ……

○猪苗代移住話は桂小五郎の捏造……

○新選組が甲州に行かないで会津に来ていれば会津戦争は勝利した……

○会津での死体埋葬禁止令は現場の指揮官が言ったのかも……


という感じでした。基本的にこれは会津若松市の行政の立会いはあっても行政としての見解ではないという認識であり、また、これは史実を陳べているのではなく、星氏の想いと受け取っていましたので、観点を変えて楽しく聴けました。ちょっと内容が過激な部分もありまして、あえてメモも取らなかったこともあり、自信のない部分はあえて……にしてあります。

で、10:50くらいから星氏も気付いたようで、話を振るようになりました、が……、振り方がかなり無茶振りで、なんかバラエティの企画モノのような対戦ゲームになってました。当然、無茶ぶりですから応えられない方もいたりして、綾瀬にいたっては「新選組ブームの若者について」と……。これに対し、綾瀬代表の増田さんは「本当に私でいいのですか?」と、顔をこわばらせながら応えるシーンも。

 正直言って後半は本当にバラエティの収録みたいになりました。話の根幹と関係ない話になったり、振った話と関係ない話をし出す団体もいたりと、収拾がつきません。また、順に振ってるから「次はこの人?」と思ってたら違う人が振られて、表情を見るのが怖い場面も……。

 こんな感じで途中でカンペが出され、ついに終了。たぶん編集したら面白い作品になったことでしょう。

 で、この後、質疑応答でした。来年の「龍馬伝」での会津藩の扱われ方の不安や、埋葬禁止令についての質問が飛び交いました。

 ちなみに埋葬令については会津隊のリュックを背負ったおじさん意味不明な発言を。

「私のリュックにおにぎり資料が……」

 ~野に咲く~♪、花のよ~うに~♪~

(ボソボソしゃべっていて聞き取り難かったのと、そのしゃべり方でつい、頭のなかでこの歌が連想されてしまったことで、「おにぎり」という印象が植えつけられてしまい、あとで仲間に「おにぎり」でないことを確認いたしました・笑)

 う~ん……たとえ入っていたとしてもソレって自慢?たとえば何かに載ってる、とか、先日、会津での新資料にある……とか、こういう風に言わなきゃダメでしょ!

 でも、おにぎり入ってなかったのかな?


ということで討論会?は終了。ここでサミット事務局である日野市観光協会から翌年のサミットは京都ということが報告されました。

 最後に余談として、私が沖田総司逝去の地碑についてお話して無事に終了。

 結論としてはとても突っ込みドコロが満載で、面白いイベントでした(笑)


よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

拍手[1回]

PR

【2009/09/23 (水) 11:41】 | 新選組イベント
トラックバック(0) | コメント(4)

ははは…
あさくらゆう
みに丸さま、コメントありがとうございます。
 もう2年経ちますが、まだイメージは私の中に残っています。星さんと隣の峯岸さんが話し合いをして、絶対に話が長引くであろう松下氏の話を一生懸命遮ろうとしていた努力を。3回ほどでようやく遮ることに成功しました。


私も聞きたかった・・・
みに丸
あさくらさまのお話を読んでいるだけでも、
吹き出しそうになりました。

「松下英治氏個人の独演会に……。さすがに業を煮やした星氏が話しを遮って、」

目に見えるようです、、、。



はじめまして(笑)
管理人
梅痴鴉さま、こちらでははじめまして。
コメントありがとうございます。

もう笑いのツボ満載で、壇上の方たちは罰ゲーム状態で、本当に面白かったですよ。

ともかく、山口県云々の話があってから、聴き方のスイッチを変えてましたので、史実的なことを一切考えずに拝聴しました。

埋葬の話については星氏も話を違う方向にシフトして結論を出さずに終えました。当事者が多いなかでの発言としては正解だったと思います。

ちなみに今回の登壇者は新選組ゆかりの地団体でしたので、史実的なシンポではないことを附記します。

でも、面白かった♪最高でした(笑)


はじめまして、失礼致します
梅痴鴉
こちらでははじめまして。はじめての書き込みですが宜しくお願いします。

読んでいて途中から飲んでいた牛乳を鼻から出してしまいました(大笑い
いや、新撰組のシンポというよりも妄想で楽しむエスエフ大会といった方がよかったというか、なにはともあれ文章の端々からあさくら先生の困惑したり、笑っていたりという顔が浮かんでいるようです。
埋葬禁止令云々については、私は敢て劇毒を込めて感想を述べると「誰がその遺体を埋葬し、その埋葬に従事した人達についてきちんと述べた人がそのシンポにいたのか?遺体埋葬を行なった人達に対して、後世のファンから感謝の言葉はあったのか?」とだけに留めたいです。この件で、綾瀬の新撰組研究家の方々が触れなかったのは流石でしょう。

しかし、私が大笑いしたのがミクシィコミュで桂小五郎で議論しているネタを星先生が慌てるように否定しているのは微笑ましいです。というより、ミクシイコミュをそこまで意識していているのでしょうか?どうせなら、こちらのコミュで堂々と反論していただくともっと大笑いできるのですが(毒笑

それは兎も角、今回の後援会には会津史談会の畑敬之助先生は御参加されたのでしょうか?この手のサミットなら学術的な視点で論議があってもよい筈ですが、どうだったのでしょう。

過激な表現については申訳ありませんでした。失礼致します。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ははは…
みに丸さま、コメントありがとうございます。
 もう2年経ちますが、まだイメージは私の中に残っています。星さんと隣の峯岸さんが話し合いをして、絶対に話が長引くであろう松下氏の話を一生懸命遮ろうとしていた努力を。3回ほどでようやく遮ることに成功しました。
2011/09/11(日) 18:18 |   | あさくらゆう #92cd5be35c[編集]
[管理者用 返信]

私も聞きたかった・・・
あさくらさまのお話を読んでいるだけでも、
吹き出しそうになりました。

「松下英治氏個人の独演会に……。さすがに業を煮やした星氏が話しを遮って、」

目に見えるようです、、、。

2011/09/11(日) 09:51 |   | みに丸 #526e39ce36[編集]
[管理者用 返信]

はじめまして(笑)
梅痴鴉さま、こちらでははじめまして。
コメントありがとうございます。

もう笑いのツボ満載で、壇上の方たちは罰ゲーム状態で、本当に面白かったですよ。

ともかく、山口県云々の話があってから、聴き方のスイッチを変えてましたので、史実的なことを一切考えずに拝聴しました。

埋葬の話については星氏も話を違う方向にシフトして結論を出さずに終えました。当事者が多いなかでの発言としては正解だったと思います。

ちなみに今回の登壇者は新選組ゆかりの地団体でしたので、史実的なシンポではないことを附記します。

でも、面白かった♪最高でした(笑)
2009/09/23(水) 20:45 | URL  | 管理人 #92cd5be1f7[編集]
[管理者用 返信]

はじめまして、失礼致します
こちらでははじめまして。はじめての書き込みですが宜しくお願いします。

読んでいて途中から飲んでいた牛乳を鼻から出してしまいました(大笑い
いや、新撰組のシンポというよりも妄想で楽しむエスエフ大会といった方がよかったというか、なにはともあれ文章の端々からあさくら先生の困惑したり、笑っていたりという顔が浮かんでいるようです。
埋葬禁止令云々については、私は敢て劇毒を込めて感想を述べると「誰がその遺体を埋葬し、その埋葬に従事した人達についてきちんと述べた人がそのシンポにいたのか?遺体埋葬を行なった人達に対して、後世のファンから感謝の言葉はあったのか?」とだけに留めたいです。この件で、綾瀬の新撰組研究家の方々が触れなかったのは流石でしょう。

しかし、私が大笑いしたのがミクシィコミュで桂小五郎で議論しているネタを星先生が慌てるように否定しているのは微笑ましいです。というより、ミクシイコミュをそこまで意識していているのでしょうか?どうせなら、こちらのコミュで堂々と反論していただくともっと大笑いできるのですが(毒笑

それは兎も角、今回の後援会には会津史談会の畑敬之助先生は御参加されたのでしょうか?この手のサミットなら学術的な視点で論議があってもよい筈ですが、どうだったのでしょう。

過激な表現については申訳ありませんでした。失礼致します。
2009/09/23(水) 19:55 | URL  | 梅痴鴉 #553a5fbee7[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック